秋田県の「阿櫻酒造」が造る「阿櫻 超旨辛口 特別純米 無濾過生原酒」を徹底レビュー!!

日本酒

※当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

【阿櫻 超旨辛口 特別純米】

  〜無濾過生原酒〜

かんぴょう
かんぴょう

こんにちは!

秋田県には「新政」「花邑」「まんさくの花」と……

あげればキリがないほど銘酒揃い(=゚ω゚)ノ

ポイントはこちら↓↓↓

1.最強食中酒??

2.酒米には秋田県オリジナル品種「酒こまち」を使用(^^♪

商品案内

「あざくら」と読みます!

秋田県の隠れた銘蔵元

「阿櫻酒造」

が造る日本酒度+10の旨辛口酒になります❗️

使われている酒米は秋田県オリジナル酒米

「酒こまち」

「秋系酒251」と「秋系酒306」の交配により

2001年に誕生したまだ新しい酒米になります。

「山田錦」に似た大粒であり、「美山錦」の寒い地域でも栽培しやすい酒米で、上品で雑味の少ないお酒に仕上がるんだとか💡

最大の特徴は

日本酒度+10でありながら

しっかり旨味たっぷり

「旨辛」

仕上げのところ(*≧∀≦*)

そこにプラス

「無濾過仕上げ」

ときたもんだ❣️

「飲む方に、蔵人の情熱が伝わる酒造り」

をコンセプトに掲げる「阿櫻酒造」さん…

これは最強食中酒の予感…

実飲っ‼️

f:id:GvUdcjrrHptKM7Y:20230919154241j:image
出典:https://azakura.co.jp

テイスティングコメント

香りは弱く、フレッシュ香がほんのり香る程度。

口当たりは、まろやか ( ´ ▽ ` )

ん❓

お米の甘さ❓

が口の中に広がり、すっきり爽快な酸味…

生酒のプチっと感はないですねぇ〜!

乳酸系の酸味は感じられ、後からお米の旨味へと戻る味わい!

後からぐぅ〜っと旨味が広がり、シュッとキレよくフィニッシュ❗️

うん💡

まさに

「旨辛口酒」

昔ながらの日本酒を「酒質キレイ」にした…

どんな料理にも合いそうな…

「万能食中酒」

熱燗・ぬる燗・冷やして…

どんな飲み方でもイケますね❣️

▼日本酒の特定名称って何?▼

日本酒選びに役立つ日本酒の豆知識!!「特定名称って何??」を事細かに解説っ!!
日本酒を勉強する中で… 日本酒でよく言われる「純米吟醸」や「ひやおろし」や「山廃」って何?? 呪文のように聞こえてしまう良く聞く名称… これさえ覚えておけば、日本酒を選ぶ指標になります! 今回はその中から「特定名称」の知識について徹底的に解...

商品詳細

  • 生産地域 : 秋田県
  • 特定名称 : 特別純米
  • 原料米 : 酒こまち
  • 精米歩合 : 60%
  • 日本酒度 : +10
  • アルコール度数 : 16%
  • 製造蔵元 :  阿櫻酒造
f:id:GvUdcjrrHptKM7Y:20230919154212j:image
出典:https://azakura.co.jp

한국어 코멘트

향은 약하고, 신선한 향이 살짝 느껴지는 정도.

입맛은 부드러운 맛 ( ´ ▽ ` )

음❓

약간 쌀의 단맛?

가 입안에 퍼지고, 깔끔하고 상쾌한 산미…

생술의 톡 쏘는 느낌은 없네요~!

젖산계의 신맛은 느껴지고, 나중에 쌀의 맛으로 돌아가는 맛!

나중에 구~~욱~ 맛이 퍼져나가면서 깔끔하게 마무리 ❗️

예💡

그야말로

‘맛좋은 드라이 사케’

옛날 일본술을 ‘술맛이 깨끗하게’ 만든…

어떤 요리에도 잘 어울릴 것 같은…

‘만능 식중주’

뜨겁게 데워도, 미지근하게 데워도, 차갑게 마셔도…

어떤 방법으로 마셔도 맛있네요 ❣️

▼「阿櫻」のピンクラベルの記事はこちら▼

ピンクのラベルが可愛い秋田県の「阿櫻 特別純米 無濾過生原酒」を解説っ!!
【阿櫻 特別純米 無濾過生原酒】 ▼秋田県の「ストロベリー酒」▼ 商品案内 秋田県にある純秋田産にこだわる蔵元 「阿櫻酒造」 (あざくら)酒造と読みます。 「飲む方に、蔵人の情熱が伝わる酒造り」 をコンセプトに契約農家が育てた酒米「ふくひび...

English Comment

The aroma is weak, with only a hint of freshness.

Mouthfeel is mellow ( ´∀`)

A little sweetness of rice

The sweetness of the rice spreads in the mouth, and the acidity is refreshing….

It does not have the petitiveness of a raw sake!

The lactic acidity can be felt, and the taste returns to the umami of the rice later!

The umami spreads quickly afterwards and finishes crisp and clean❗️

Yes!

Exactly‼️

A “deliciously dry sake”!

A traditional sake with a “clean sake quality”…

It seems to go well with all kinds of food…

A versatile all-around food sake.

Hot, lukewarm, chilled…

It can be drunk any way you like❣️

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

コメント

タイトルとURLをコピーしました