北ローヌの極上シラー「ポール・ジャブレ・エネ クローズ・エルミタージュ ドメーヌ・ド・タラベール」を解説っ!!

日本酒

※当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

【ポール・ジャブレ・エネ クローズ・エルミタージュ ドメーヌ・ド・タラベール】

かんぴょう
かんぴょう

ども!!

コートデュローヌのワインってなかなか家では飲まず、お店さんで飲む機会があるぐらいであまりピン!とくる人はすくないのでは??

ポイントはこちら↓↓↓

1.北ローヌ産の極上シラーを使った重赤ワイン(^^♪

2.ビオディナミ農法とは??

商品案内

これまた長い商品名の登場です‼️ww

以前にもお伝えように

フランス語の意味合いを少し覚えとくだけで

以外と簡単にどんなワインか紐解くことがで出来るんですよね💡

「ドメーヌ」= 生産者

「クローズ エルミタージュ」= 北ローヌの極上のブドウが栽培されている土地

つまり

「ポール・ジャブレ・エネさん監修のもとタラベールさんが作る北ローヌの極上赤ワイン

といった事になります。

「ポール・ジャブレ・エネ」

といえば

ボルドーのメドック格付3級

「シャトー・ラ・ラギューヌ」

の醸造責任者としても名が通っている醸造家であり

それが

北ローヌの世界最高峰シラーを生み出すブドウ生産地としても知られる

「クローズ エルミタージュ」

で作る赤ワインですから

それは間違いなくハイレベルなワインになるでしょう💡

「良いブドウ無しに偉大なワインは生まれない」

との言葉通り

2017年ヴィンテージは

サクラアワードで最高賞ダブルゴールドを受賞しています。

2006年からはブドウ栽培を

「ビオディナミ農法」

に移行しています。

ちなみにビオディナミ農法とは簡単にいうと

「ある種の農薬を使用しない」

ということ。

無農薬、化学肥料、化学除草剤、防虫剤などが使用禁止となります!

できる限り自然のもので造っていき、月や惑星の動きと植物の成長リズムを合わせ整えていく方法。

「自然と共にワインを造る」

という考えを大事にした農法の事を指します。

ウンチクが長くなったぁ~ww

こんな長々とした説明も楽しんでね‼️

実飲っ❗

f:id:GvUdcjrrHptKM7Y:20230123172024j:image
出典 : エノテカ

テイスティングコメント

綺麗な濃いめのルビーガーネット色

カシスベリーに甘さが加わった香りとスパイシーな香り。

後から樽熟成からくるコーヒーチョコ香と香草っぽい香りもちょろっと!

これはかなり複雑 w(゜o゜)w

強いアタックに甘さが際立つベリー果実と強めのタンニン!

こりゃ個性ありありだわぁ~💡

後からシャキッと酸味と複雑さが増す燻製チョコレートのような甘苦いなんとも表現の難しい味わい。

口に含んだ時から3段階くらい味が変化する

なんとも複雑さが溢れる玄人なワイン!

まだ、ひょっこの私には

背負いきれないワインだなぁ~👀‼️

重熟成ワインが好きな人は是非っ❗

▼そもそも金賞ワインって?▼

金賞ワインって本当に美味しいの?どうやって決まる?ポイントは?
スーパーや成◯石井などで見かける 「金賞ワイン」 これだけをみると ついつい買ってしまう人も多いのでは? 今回は、そんな金賞ワインは 本当に美味しいのか? を徹底的に深掘りし、 金賞ワインはお買い得のワインなのか? という視聴者の質問を ズ...

商品詳細

  • 原産国 : フランス
  • 生産地域 : コートデュローヌ
  • 品種 : シラー
  • アルコール度数 : 15度
  • 輸入元 : モトックス
f:id:GvUdcjrrHptKM7Y:20230123172136j:image
出典:https://www.mottox.co.jp/

▼ボルドー3級格付けワインの記事はこちら▼

サントリー保有のボルドー・メドック3級格付けワイン「シャトー・ラグランジュ」を贅沢にもテイスティングしてみた!!
【シャトー・ラグランジュ 2017年】 サントリー保有が保有するボルドー・メドック3級ワイン!! パワフルかつ濃縮された果実味は圧巻っ‼️ 1983年にサントリーが買収して、ブドウ樹の植え替えなど抜本的な改善を行い、飛躍的に品質向上がなされ...
Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

コメント

タイトルとURLをコピーしました