今、大注目の北海道ワインから「葡萄作りの匠 北島秀樹 ケルナー」を解説っ!!

ワイン

【葡萄作りの匠 北島秀樹 ケルナー】

かんぴょう
かんぴょう

今、北海道のワインが熱いっ!!

温暖化の影響もあり、日本酒もそうですがワインのレベルがギャンギャン上がっているのをご存知ですか??

ポイントはこちら↓↓↓

1.ぶどう品種「ケルナー」を100%使用!!

2.ワイン葡萄栽培のレジェンド「北島秀樹」がつくる白ワイン (*^^*)

商品案内

近年、ブドウの出来がレベルがグングン上がってきていると注目の北海道ワイン(⌒‐⌒)

現在は、道内各地に300軒を超える契約栽培農家からブドウの供給を受けており、安定したワイン造りを行っています。

そんな契約農家の名前を冠した単独仕込みのワインシリーズが今回ご紹介するワインになります。

余市町ワイン葡萄栽培のレジェンド

「北島秀樹」

が造る白ブドウ品種「ケルナー」をつかったこだわりの詰まったワイン!

その真摯な姿勢とこまやかな仕事ぶりから

「葡萄作りの匠」

とたたえられるほどのレジェンド生産者(^з^)-☆

そんな想いの詰まった

北海道ワインを……

実飲っ‼️

f:id:GvUdcjrrHptKM7Y:20220820170933j:image
出典:https://www.hokkaidowine.com/

テイスティングコメント

色合いは、グリーンの入った淡いイエロー

香り控えめで、青りんごや爽快シトラスの香り

品種特性は、ユリの香りらしいのですが……

ユリの香り??

嗅いだことない……

のでピンと来ない……(・・;)

さっぱりあっさりのアタックに、スッキリ酸味とほんのり甘味…程よい苦味。

そして、スッと消える抜群のキレ!

普段からパワフルな白ワインを飲んでいる方には、やや物足りなく、みずみずし印象になるとおもいますが、

甲州ワインの味わいを良く理解されている方達は

「お~!日本らしいワインや!!」

「北海道ワインもいいねぇ!」

と共感いただけるのではないでしょうか⁉️

日本ワインのレベルがどんどん上がってきていると、日々実感します!

今後も注目の北海道ワインを是非っ‼️

▼日本ワインの謎▼

なぜ日本ワインの容量は720mlサイズなのか??
現在、日本ワインの一般的なサイズは720mlとなっています。それはなぜなのか?理由は、日本は日本酒文化があったため、昔から容量を「合」という体積の単位を使ていたから。これは、日本酒の単位が1合180mlであることか...

商品詳細

  • 原産国 : 日本
  • 生産地域 : 北海道
  • 品種 : ケルナー
  • アルコール度数 : 11.5度
  • 製造元 : 北海道ワイン
f:id:GvUdcjrrHptKM7Y:20220820170952j:image
出典:https://www.hokkaidowine.com/

▼今、北海道の日本酒が熱いっ!!▼

岐阜県から北海道にお引っ越し!話題の「三千櫻酒造」の純米吟醸酒を解説っ!!
【三千櫻  純米吟醸  彗星55】▼イオン限定「北海道ビール」▼商品詳細北海道のオリジナル酒米「彗星(すいせい)」を55%まで磨いた純米吟醸。元々、岐阜県にあった酒蔵「三千櫻酒造」が2020年11月...
Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

コメント

タイトルとURLをコピーしました