奈良県の微発泡爽快酒「風の森 秋津穂 507」を解説っ!!

日本酒

【風の森 秋津穂 507】

▼風の森「新感覚低アルコール酒」▼

奈良県の蔵元「油長酒造」からの新感覚低アルコール清酒「ALPHA 風の森 TYPE1」を飲んでみた!!
【ALPHA 風の森 TYPE1】~次章への扉~ 日々、進化・革新を続ける大好きな蔵元「油長酒造」様からの……新感覚低アルコール生原酒‼️この商品名のネーミングセンス‼️おっしゃれ~っすなぁ~火入滅...

商品案内

奈良県の契約栽培米「秋津穂」で造られた微炭酸が特徴の「風の森シリーズ」のNo.507😚➰💋

風の森シリーズは、「純米」や「純米吟醸」などの特定名称酒を廃止し、全てに「純米奈良酒」と表記されています。

「507」の3桁の数字は、下一桁は使用酵母(7号酵母)、上二桁は精米歩合を表しています。

つまり、

「精米歩合を50%まで磨き上げて7号酵母を使って造られた純米奈良酒」

ということ💡

蔵元の「油長酒造」は、奈良県の南部……金剛山のふもとにあり、1719年創業の奈良県を代表する蔵元!

元は製油業を営んでおり、それが社名の由来となっています。

風の森シリーズとは相性がいいので楽しみ❗

実飲っ‼️

出典:https://www.yucho-sake.jp/

テイスティングコメント

透明感のあるやや色づきあるレモンイエロー。

開けた時の強い発泡性にはびっくり‼️

かなり強いガス感!

爽やかフレッシュな果実の香り……

梨系の甘いみずみずしい香りがなんともさわやか!

プチシュワ感ある口当たりと、ややトロッとした飲み口で、なんともオシャレっ❗

優しい甘味と広がりあるお米の旨味。

そして、爽やかな酸味と後味にやや強めのビターな苦味😚➰💋

とってもバランスよく、ついつい飲むペースが上がってしまう「爽快微発泡酒」💡

あっさり飲みたい気分の時にオススメ💖💖

▼「風の森 露葉風」の記事▼

奈良県の幻の酒米を使用した「風の森 露葉風 507」を飲んでみた!!
【風の森 露葉風 507】奈良県のみで生産される酒造好適米「露葉風」を50%まで精米した純米大吟醸酒‼️風の森シリーズは、「純米」や「純米吟醸」などの特定名称酒を廃止し、全てに「純米奈良酒」と表記されています。「5...

秋津穂とは?

「あきつほ」と読みます。

以前は広島県で栽培されていたが、現在では高知県と奈良県くらいでしか生産されていない。

「日本晴」「ヤマビコ」の交配によって誕生した品種で、倒れにくく栽培しやすいが、ごま葉枯病に弱い特性がある。

やや大粒で、日本酒米より食用米になることが主流!

ただ、「風の森」との相性はよく、あっさりフレッシュな味わいになる傾向。

▼奈良県の「完全自然発酵熟成酒」▼

完全自然発酵熟成酒「花巴 山廃純米」を飲んでみた(*´ε`*)チュッチュ
【花巴 山廃純米 熟成 火入れ熟成酒】「はなともえ」とよみます。名前の由来は、吉野山の桜にちなみ命名された!!奈良県吉野郡に蔵を構える美吉野酒造が3年以上の熟成を経て発売に至る山廃仕込みの純米酒‼️「余計な...

商品詳細

  • 生産地域 : 奈良県
  • 特定名称 : 純米吟醸
  • 原料米 : 秋津穂 (奈良県産)
  • 精米歩合 : 50%
  • アルコール度数 : 16%
  • 製造蔵元 :  油長酒造
f:id:GvUdcjrrHptKM7Y:20220124144807j:image
出典:https://www.yucho-sake.jp/

▼日本酒の豆知識!「特定名称って何?」▼

日本酒選びに役立つ日本酒の豆知識!!「特定名称って何??」を事細かに解説っ!!
日本酒を勉強する中で…日本酒でよく言われる「純米吟醸」や「ひやおろし」や「山廃」って何??呪文のように聞こえてしまう良く聞く名称…これさえ覚えておけば、日本酒を選ぶ指標になります!今回はその中から「特定名称...
Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

コメント

タイトルとURLをコピーしました