女性に大人気フルーツワイン「サングリア」の作り方を優しく解説っ!!おすすめレシピ4選 (*´ε`*)チュッチュ

お酒の豆知識

そもそもサングリアって??

スペインで日常的に楽しまれるお酒で、ワインにフルーツを漬け込んだフレーバーワインの一種になります。

フレーバーワインとは、ワインをベースに色々な果汁やハーブなど蒸留酒をブレンドしたお酒の総称です。

「混成ワイン」とも言われて、日本では「甘味果実」のカテゴリーに分類されます。

そもそもサングリアという名前の由来は、スペイン語で「血」を意味する「sangre(サングレ)」から来ており、血の色を想像させる鮮やかな赤ワインの色から来ていると言われています。

通常のサングリアのアルコール度数は、ワイン平均アルコール度数12%にフルーツを加えて作るので、だいたい8%くらいになることが多い。

フルーティで飲みやすいうえSNS映えするので、あまりお酒が強くない女性に人気が高い!

コジャレたバルにはマストな商品。

もともとはスペイン南部のアンダルシア地方が発祥と言われており、あまり美味しくない出来の悪い低価格ワインをおいしく飲むために庶民の工夫によって生まれた飲み方になります。

スペインでも普段から飲まれるものではなく、開封して時間が経って味わいが落ちてきたワインの再利用法という位置付け!

基本的には赤ワインで造られることが多くリーズナブルな低価格ワインで作られる事が多い。

ちなみに白ワインベースで造られたサングリアはスペイン語で「白」を意味する「blanca(ブランカ)」から「サングリア・ブランカ」と呼ばれている。

簡単作り方レシピ

作り方は簡単で、スライスした果物と甘味料を入れ、お好みでブランデーやシナモンなどを加え、一晩寝かせれば完成っ❗

もちろん、完成した自家製サングリアを瓶詰めして販売すると「密造酒」になり、お国のお偉いさんに「コラ〜っ❗」って言われますんでご注意を!

オススメは、桃の缶詰のシロップを入れると飲みやすい仕上がりになるよ😚➰💋

ベースワインの選び方

赤ワインは渋みのない甘口で果実味のあるものがベストチョイス。

以外とスーパーで置いている1.5㍑で500円くらいのものや750mlで200円くらいのものが合う!

特にブドウ本来のコクやタンニンを満喫したい酒飲みには赤ワインベースがオススメ❗

逆にあまりお酒を飲まない方には、渋みを感じないさっぱりフルーティーな白ワインベースがナイス👍

▼オススメ赤ワイン▼▼

▼▼オススメ白ワイン▼▼

おすすめアレンジレシピ

ベーシックなサングリア

  • ワイン ← 安いものでOK 750ml(1本)
  • ハチミツ ← 甘さが必要なら大さじ1
  • ブランデー 大さじ2
  • シナモンスティック 1本

炭酸サングリア

  • 赤ワイン750ml 1本
  • グラニュー糖 大さじ2
  • リンゴ 1個
  • オレンジ 1個
  • レモン 1個
  • バナナ 1本
  • シナモンスティック 1本
  • 炭酸水

一番のおすすめサングリア

  • 赤ワイン750ml 1本
  • ミックスベリー 1袋(150g)
  • りんご 1/2個
  • オレンジ 1/2個
  • シナモンスティック 1本
  • ミントの葉適宜

ノンアルコール・サングリア

  • 100%ぶどうジュース(ウェルチがおすすめ)400cc
  • パイナップル 適量
  • グレープフルーツ 1/2個
  • レモン 1/2個

さあ!!

みんなも1回作ってみよう!!

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

コメント

タイトルとURLをコピーしました